実力だけがモノを言う!戦国覇者・信長&秀吉による織豊政権はどう成立した?

織豊政権というのを聞いたことがあるかね?

まりも
オリトヨ?

たっつん
ショクホウと読むんだよ。織田信長豊臣秀吉の頭文字を取ってそう呼んでるんだ。

まりも
なるほど。FUJIWARAみたいなもんか。

いや違う。ハマカーンみたいなもんじゃな。

たっつん
それ同じだよね?

応仁の乱以降、室町幕府はすっかり力を失い、実力のある者が領地を治める「下剋上」の時代に突入したんじゃ。

たっつん
そこに彗星のごとく現れた風雲児がいた。

まりも
それが後の美輪明宏である。

たっつん
おかしいだろ!!美輪さん何歳なんだよ!

まりも
だって年齢とか超越してる感じするじゃん?

たっつん
するけどさぁ…。信長だよ!織田信長

信長は尾張の小領主の子に過ぎず、天下取りのスタートは家督争いからであった。

まりも
実力だけでのし上がったっていうのがスゴいよね。

たっつん
しかも信長が倒していった相手も、下剋上の世の中で勝ち残ってきた実力者たちだったんだ。そこが日本史上屈指の人気者である理由かもしれないね。

信長は桶狭間の戦いで、大物大名の今川義元を討ち取り、天下にその名を知られる存在となった。

たっつん
その後、内紛により亡命していた室町将軍の弟・足利義昭を助けて京都入りを果たし、義昭を将軍にすることに成功したんだ。

まりも
義昭は相当信長に感謝したんだろうね。

当初はやはり感謝していたようで、副将軍のポストを用意したが信長はこれを辞退したようじゃ。

たっつん
信長にとっては副将軍も大して魅力ではなかったんだろうね。

まりも
実は祇園で接待があるのを期待してたらしく、相当落ち込んでたみたいだね。

たっつん
そんな小物じゃないよ!結局二人はすぐに険悪な仲になり、義昭は京都から追放され、室町幕府は滅亡してしまう。

京を手中に収めた信長は、長年の宿敵であった武田氏長篠の戦いで破り、天下統一へ弾みをつけた。

たっつん
信長はこの戦いで日本で初めて火縄銃を実戦投入したんだよね。まさに時代の最先端を突き進んでたことが分かる。

まりも
翌日には火縄銃を求めてヨドバシカメラに長蛇の列ができてたらしいしね。

たっつん
何だよそれ!画が全く浮かばないよ!

東海・近畿の支配を固め、東国の憂いも払拭した信長は中国・四国攻めを本格化し始めた。

たっつん
しかしその矢先、重臣・明智光秀が突如兵を挙げ、本能寺を急襲。信長は志半ばでこの世を去ったんだ。

まりも
何で武将の信長が寺にいたの?

偉い人たちを集めて自慢の珍宝を見せびらかしておったらしいんじゃ。

たっつん
もう少し適切な表現があると思うんだけど…。

信長を倒した光秀であったが、備前(現在の岡山県)から猛然と引き返してきた秀吉に山崎の戦いで敗れ、虚しくもその野望は閉ざされた。

たっつん
いわゆる三日天下ってやつだね。

実際には13日くらい経っておるんじゃがな。光秀は敗走後、農民の落武者狩りに遭い死んだというのが有力な説なんじゃが、実は生き延びていて別の人物として歴史に再登場したという説もささやかれておるんじゃ。

まりも
そうか、それが美輪明宏か!

たっつん
君は美輪明宏しか知らないのかよ!

山崎の戦いの後、即座に始まったのが信長の後継者争いじゃ。

たっつん
後継者争いと言っても、織田家の中から誰を後継に推すかという家臣内での争いだったんだよね。

本来の跡継ぎであった信長の長男、信忠は本能寺の変で討ち死にしていたため、残った者たちで決める必要があったんじゃ。

たっつん
そこで秀吉は争いに勝ったんだね。

うむ。秀吉は当時3歳の信忠の子・三法師を後継者に推し、自身はその後見人として実権を握ることに成功した。

たっつん
三法師を抱きかかえて現れ、まるで自分に対するかのように、家臣たちに頭を下げさせたっていう逸話があるんだ。

まりも
そうか、じゃあこのときから秀吉と三法師の二人羽織生活が始まったのか…。

たっつん
そういうことじゃないよ!象徴的な話であって、常時そうしてた訳じゃないから!

三法師の擁立に成功した秀吉は、信長の三男・信孝を推していた織田家筆頭家老の柴田勝家と対立を深めることとなった。

たっつん
勝家といえば、織田家古参の勇将で、信長の信認も厚かった。当時秀吉は、「羽柴秀吉」と名乗っていたんだけど、羽柴の柴は柴田勝家の柴からもらったと言われているんだ。

まりも
なるほど、じゃあ羽生善治の羽と合わせて羽柴になったわけだ。

たっつん
そんなわけないよ!他に羽のつく人物知らないからって誤魔化すなよ!

まりも
知ってるよ!羽野晶紀とか。

たっつん
現代人からチョイスすんな!丹羽長秀だよ!

結局、秀吉は対立した柴田勝家と矛を交えることになり、賤ヶ岳の戦いで勝家を撃破。

たっつん
その後秀吉は朝廷から豊臣の姓を賜り、なし崩し的に織田氏は豊臣の配下となった。

まりも
昨日まで部下だったヤツがごぼう抜きで社長になってデカい面してる感じだよね。

たっつん
まぁ、そうだね。

まりも
「織田君、この資料コピー取っといてくれるかね?」とか言ったんだろうね。

たっつん
スケールが小さすぎだよ!この後秀吉は関白となって朝廷権力も手中に収め、誰も逆らえないくらいになったんだから。

その通り。名実ともに最高権力者となった秀吉は全国の大名に向け、秀吉の許可なく戦することを禁ずる「惣無事令」を発布し、各々を支配下に収めていった。

まりも
反発する気骨のあるヤツはいなかったのかね?

たっつん
関東の大名、北条氏は惣無事令に背き、戦を起こしたんだけど、戦国オールスター率いる秀吉に居城・小田原城を取り囲まれ降伏に追い込まれたんだよ。

北条氏が降伏する直前に、態度を保留していた東北の伊達政宗も秀吉に従うことを決めていたため、この時点で秀吉に敵対する勢力は皆無となり、ここに秀吉は天下統一を成し遂げた。

まりも
足軽から天下人へと、日本史上最高の出世人だね。

たっつん
転落人生なんかはよく聞く話だけど、出世伝みたいなのはなかなかないよね。

それだけ日本は一貫して階級社会が定着していたということじゃ。そういう意味でも下剋上の世というのは意義深い時代だったと言えるのう。

まりも
あなたみたいなドブネズミが私と会話できる現代に感謝しなさい。

たっつん
なんで君が図に乗ってるんだよ。

コメントの入力は終了しました。